・文章術UP

『人の心を動かす文章術』樋口裕一 ★★★★★

《本書から学んだこと》

【おもしろい文章の条件】

 ●読み手と異なる意見がある
  ・説得力がなければただのへそ曲がりだが、説得力があれば
   おもしろい
  ・まず一般的にどう考えるかを想定して、それを否定できな
   いか考えてみる(ひねくれ者になってみる)

 ●読み手の気づかないところに人生を読む
 
 ●読み手が気づかない指摘、疑問がある
 
 ●道徳的にしない
  「これからは、もっと他人のことも考えようと思った」など
  ⇒自分のなかの悪しき心にも気づき、その共感を得てもら
   う方がおもしろい。

 ●自分の立場をはっきりさせる

 ●テレビドラマのタッチを参考にする

【文章の型】

 ●予告
  ・これから書こうとする出来事のきっかけや予告
  ・自分の書きたいテーマや与えられたテーマについてイメー
   ジした出来事の予告
  ・全体の5分の1以下

 ●エピソード
  ・出来事を具体的に語る
  ・一つの出来事を中心に書く
  ・全体の3分の1くらい

 ●展開
  ・エピソードで書いた内容から得た印象や考えを深く鋭く
   書く。
  ・全体の3分の1くらい

 ●まとめ

【書き出しのパターン】

 ■擬音ではじめる

 ■会話ではじめる

 ■動きのある行為からはじめる
  事件の真っただ中に読み手を投げ込む
 
 ■アブノーマルな状況からはじめる
  ふつうではない状況を示す

 ■ほのめかす
  例)あの日のことはいまを忘れない

 ■気のきいた格言や人生訓からはじめる

【リアリティを演出するテクニック】

 ●具体的にくわしく描写
  「楽しかった」など抽象的に表現するのではなく、どのよ
   うに楽しかったのか具体的に書く

 ●読み手に追体験や感情移入してもらうことで、訴えたいこ
  とを伝える

 ●意識して現在形を使う

 ●細部を描写する

 ●動きのある情景を描く
  例)疲れて歩いた⇒疲れきって足を引きずりながら歩いた

 ●ときには自らを省みる
  もしかしたら自分は間違っているかもや自分は滑稽に見え
  るかもという視点で書く

 ●意識して誇張する
  メリハリをつけてところどころ誇張する
 
 ●ちょっと悪い心を書き入れる
  誰でも感じるような、しかし、あえて口に出さないような
  「ちょっと悪い心」を書く
  例)ちょっぴり嫉妬を感じたが、それを抑えて、おめでと
    うを言った

 ●ここぞという部分で修飾語を使う
  修飾語が少ないと、言葉に引っかからずに内容を把握でき
 るので読みやすいが、
  自分の感じた気持ちや自分の見た情景の雰囲気を読み手に伝
 えるには的確に表す言葉が必要

  ・手垢にまみれた修飾語は使わない

  ・重ね言葉を使う
   まるまる、てくてく、とぼとぼ、しとしと、くどくど

  ・和語を使う
   無数の⇒おびただしい、ふんだんに、たんまりと

  ・比喩表現を使う
   直喩、隠喩、擬人法、アナロジー

【リズムをよくするテクニック】

 ●一つの文を短くする

 ●対句を用いる
  二拍子で書く 例)本を読んだり、テレビを見たり

 ●文末を多様にする

 ●合いの手を入れる
   例)なんと、驚いたことに、そこでわかったのだが

 ●遠景と近景を使い分ける

《引用したい言葉》

○書くときは勢いが大事だ。とくに少し長いものを書くとき、
 一気に書いてしまうほうが、文書うにむらがなくてよい。ゆっ
 くり時間をかけて書くと、どうしても、文体に変化が出てきた
 り、同じことを繰り返してしまったりする。また、あまりに反
 省していると、途中から筆が進まなくなることもある。少々よ
 くないところがあっても、不満があっても、とりあえず最後ま
 で書いてみるほうがいいだろう。そうしておいて、しっかりと
 推敲するわけだ。

○文章を書くのは楽しいことだ。言葉をいじることによって、
 読み手の心を動かし、はらはらさせたり、どきどきさせたりで
 きる。

人の心を動かす文章術 Book 人の心を動かす文章術

著者:樋口 裕一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『文章のみがき方』辰濃和男 ★★★★★

(07/11/23 読了)

本書は、月2回エッセイを書いていた頃に読んだ本である。
文章の難しさを痛感し、文章の書き方を指南した本を読み漁った
時期であった。なかでも本書はベスト3に入る内容だった。

内容は文章テクニックというよりも、文章を書く上での心構えや
考え方が中心となっている。

私が文章教室に通っていた頃の先生が言っていた言葉、
「文章力(エッセイ)を磨くとは、生き方を磨くことである」
を説いている本が、まさに本書であると思った。

《ポイント》

●「毎日書く」ということは野球でいう素振りと同じ。

●「書き写す」ことは、
  ①自分の文章の下手なところがわかる。
  ②対比できる。(違いがわかる)
  ③型にはまった考え方や書き方をつきくずす助けとなる。
  ④心を揺さぶられた文章が心の自分史になる。
 
●これはといった本に出会ったら精読し、書き写したり、要約した
 り、感想を書いたりあらゆる形で本と対話し、とことん格闘し、
 座右の書として繰り返し読む。

●歩いて五感を働かせて素材を得る。歩くことと思いつくことは
 相関
関係がある。人の見ないところを見る。

●書く心構えとして「日々、小さな発見をする」ことが大切。
 本質をとらえる洞察力は鍛えれば強くなる。

●文章の修行はテクニックだけではなく、“五感”を鍛えること
 が大切。視覚だけに頼りすぎない。

●自分の言葉で書く。借りものの言葉、常套句ではダメ。

夏目漱石は、人生経験を積みあらゆることをよく考え、本を
 たくさん読めばいい文章が書けると言っている。
 また、ただ見たままをかくのではなく、自分で“解釈”して書く。

美文よりも内容が大事である。内容は思想や経験、五感
 から出てくる。

●わかりやすい単純な文章を書くには、言葉にこだわりを
 持つのがいい。
 どの言葉を選ぶのか。何を削るのか。修練がいる。

●削ることは、他の文章を際立たせるということ。
 文章の本質が浮かび上がる。

●比喩の工夫。直喩、隠喩、擬人法。

●異質なものを結びつけると文章にインパクトが出る。

文章のみがき方 (岩波新書 新赤版 1095) Book 文章のみがき方 (岩波新書 新赤版 1095)

著者:辰濃 和男
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『図で考えれば文章がうまくなる』久恒啓一 ★★★★★

 本書は、文章の技術よりも先に学ぶことは、書く中身を
考える技術であるという。
 
 文章は考える道具としては弱い。そして、今までの
文章読本は、中身を考えることにページが割かれていな
かった。

 そこで、文章の中身を考える技術「図解文章術」が本書
の趣旨である。

《図解文章法》

 ○図解で考えをまとめてから図解を参考にして文章を
  書く(文章を書く=考えをまとめる+文章に書く)

 ○全体を俯瞰でき、情報同士の関係性が明らかになる。

 ○新しいつながりがアイデアを生む。

 ○図は概観を示し、文章は細部を示すことができる。
  《ポイント》
    ・箇条書きにした情報をマルで囲っただけの
     図解ではなくできるだけ構造的に表現
    ・図から文章を書き起こす⇒図を読み下す。
    ・矢印は接続詞

    ・図解は骨(抽象化したもの)よって、肉づけ
     が必要⇒具体例、数字、体験、知識、意見など
    (どれだけ詳しく書くかによって文章量が決まっ
     てくる)

 ○図解は究極の要約。その内容をどの程度詳しく説明
  するかによって文章量が決まる。  

 ○伝えるべき内容を図解によって作り出すことこそ文章
  法の最も大切な部分。
 
 
■「簡・明・短・薄」の文章術
 ・簡…ポイントがどこかすぐにわかる簡潔な文章
 ・明…論旨があいまいでなく明快な文章
 ・短…長々と説明しないセンテンスの短い文章
 ・薄…以上の結果としての薄い文章

《文章ルール》
 
 修飾語の順序
  ○節を先に、句をあとにする
  ○長い修飾語は前に、短い修飾語は後に
  ○大状況から小状況へ、重大なものからそうでないもの
 

《書きとめておきたい言葉》

 ○文章はメッセージを考えることの方が、文章を書く
  技術よりも重要なこと。

 ○図解とは情報の地図化
 
 ○文図の往復運動が必要

 ○文章を書くというのは「知的生産」
  (読む⇒考える⇒書く)

 ○平文(ひらぶん)のすすめ
 「文章自体は決して名文といえないかもしれない。
  しかし、平坦でわかりやすく、興味深い内容を
  持った文章で、決してどうでもいい駄文ではない。」

  平凡で平坦な文章、それが平文。

 □文章で説得、図解で納得

 □いろいろな文章読本をよむよりも、とにかく情報を
  図解してみることからはじめることが大切。

図で考えれば文章がうまくなる (PHP文庫 ひ 31-1) (PHP文庫 ひ 31-1) Book 図で考えれば文章がうまくなる (PHP文庫 ひ 31-1) (PHP文庫 ひ 31-1)

著者:久恒 啓一
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『読み上手書き上手』 齋藤孝 ★★★★★

 大人になって、社会人になって、改めて読み書きに
ついての授業を受けてみませんか?
 本書は、そんな願望をかなえてくれる。3日間の授
業を想定した内容だ。
 
 読み書きは連動している。
 読み上手、書き上手になるには、両方を鍛える必
要がある。と著者は言う。
 
 読むときの「ペンキ塗り方式」、書くときの「発問を
意識する」。
 もっと早くこの考え方を知っていれば、これまでの
読み書きがもっと楽だった。

 発問を意識した書き方はこうだ。
 キーワードで身の回りを切り、発問を考える。
 発問を考えることで、キーワードが自分の問題と
なる。すなわち具体性ももつ。

 そこに自分の経験や実感という具体性と抽象性
をを織り交ぜることで格調のある文章となる。
 織り交ぜる経験や実感が、その文章の個性となる。

 なるほどと思わせる考え方がちりばめられた、読み
書きのバイブルである。

○キーワードで身の回りを切る。
   →「発問」を立てる(=自分の問題にする)
   →自分の経験や実感を入れる
 ⇒リアルな文章になる
  ※目のつけ所がその人らしさ
  ※一般論ではダメ
 
 例)「格差社会」というキーワードで身の回りで
   実感する場面や出来事、経験を洗い出す

 ○読書をして自分の経験をすくいとる
  三角形を作って広がりを持たせる
  ・自分の中から何が引き出されたか、触発されたか
  ・別のテキストから質の違う現象
  ・対象の文章

 ○関心の角度(キーワード、問い)を決めて読む

《書きとめておきたい言葉》
 
 ○「読めた」という判断基準
  ・どこが面白かったか
  ・読みどころはどこか

  ・著者が言いたいことは何か
  ・読んでそこから何を連想したか
  ・学んだことは何か
  ・引用したい箇所はどこか
 をすぐに話せるかどうか。

 ○ながら読書
 
 ○ペンキ塗り方式の読書法

 ○「読む」と「書く」ことをつなげる
  話すことを意識して読む
  書くことを意識して読む
  →吸収度が上がる
 
 ○構想は頭の中ではなく紙の上で練れ

=引用したいことば=

学問とは、
物事を見るときの視点が技として身につく、あるいは
役立つような武器を手に入れるということです。
人が歩いている姿を見ても、あるいは音楽の演奏者を見
ても、何を見ても「身体」という
切り口でものを見ることができます。あらゆる場面で
「身体」に目をつけてみる習慣が
できると、他の人には
見えないものが見えるようになり
ます。
その状態を「身体論が自分に身についた」と、私は定義
づけています。
そして、その切り口で世の中を見ていくと、本を読むと
きもその内容が自分の学問にどう
活用できるのかという観点で読むようになるので、例え
ば哲学的な本を読んでもその内容
と、ヨガに通ったり、指圧を習ったりする実務の経験が
結びついてきました。
つまり高度に知的なものと、実際の実技的なものを結ん
でいくところに自分のゆらぎない
「視座」が確立され、他のものを見る見方が変わってく
る、そういう勉強の仕方をしてき
たということです。学問とは訓練していない人には身に
つかない、ある種角度のついたもの
の見方が身につくことであると考えると、とても意味の
あることがわかります。

読み上手書き上手 (ちくまプリマー新書 76) Book 読み上手書き上手 (ちくまプリマー新書 76)

著者:齋藤 孝
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『一瞬で心をつかむ「できる人」の文章術』高橋 フミアキ著 ★★★★★

 文章をスラスラ書きたいのに書けない……。

 そんな悩みを解決してくれるのが本書です。

 文章を書くまでの一連の流れ「ストーリー仕立てで書く」
など、 多彩な文章テクニックが紹介されており、文章を書く
とき、片隅に 置いておきたい本です。

 また、文章テクニックだけはなく、文章を書く上での思考
パターンも 紹介されていますので、文章を書くまでの一連の
流れが学べます。

■文章を書くの手順

①自分が何を伝えようとしているのかをまず明確にする。
 それが文章の核となるので十分な時間をかけて吟味。

②文章に書き込むネタを集める。

③集めたネタをどのような順番で書くか、その構成を
 考える。

①問題意識(「なぜ」という発問、疑問。)
②情報収集
③情報の整理(取捨選択)

④分析
⑤結論


①書きたいという衝動
②深く思索(疑問を持つ)
 自分の経験と比較、くぐらせる
③情報を集める 
 ・マインドマップ
 ・読書の活用
 ・思索メモ
④人の意見を聞く
⑤自分のメッセージ(文章の核)を持つ
⑥構成

○「準備」「執筆」「推敲」=4対2対4の法則

○最初にやることは何を伝えるのか、そのメッセージ
 性にこだわること。
 ※ストレートなメッセージは読者に受け入れられない。
   ただ、文章を書く上でメッセージは絶対に必要。
   読者が求めていることに沿わせて書く。

○文章を書くということは考えを深めること。ひとり
 で考えることもあれば、他人と議論することで自分
 なりの考えを深める。

○文章を書く出発点は「疑問」をもつこと。
 アインシュタインは時計の針を見て、本当に2時
 なのだろうかと疑問をもったという。

■文章テクニック

 ●ストーリー仕立てで書く
  ・出来事を起きた順に書く(動作を具体的に)
  ・無駄と思えるようなことでも克明に書く
   ことで臨場感が出る

 ●語尾に変化をつける

 ●5W1Hを入れて書く
   いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのように

 ●五感で書く
  ・目に見えるもの
  ・耳で聞こえるもの
  ・鼻でかぐにおい
  ・肌で感じる感触

  ・舌で味わうもの

 ●心のつぶやきを挿入して書く
   共感や親近感がわく

 ●会話を挿入して書く
  会話を活用したパターン
  ・台詞で状況を説明するパターン
  ・心理とは逆のことを言ってしまうパターン
  ・かみ合わない会話のパターン

  会話の表現方法
  ・「」の後ろに誰々が語った
  ・誰々が語ったと前置きして「」
  ・台詞の言った人物の動作を「」のあとに描写

   ※「」句点は不要。
   ※会話文はどんな文章にも挿入できる
 
 ●説明文を挿入して書く
  ・描写部分
  ・説明部分

 ●喜怒哀楽を表現して書く

 ●自分のメッセージを書く
   感じたことを直接表現するのではなく、書き手が
  経験したことを疑似体験してもらい同じ感情を抱い
  てもらう。

 
 ●時代性のあるテーマを盛りこんで書く
   最後の味付け程度

■究極テク
 
 □結論を先に書く
  5W1Hでなくても結論と理由の繰り返し
 
 □疑問を先に書く

  1 問題提起
  2 さらに問題をあおる
  3 常識的な答えを否定する
  4 本当の答えを導き出す
  5 事例を提示

 □論理法を利用
  ・演繹法(大→小)
    一般的・普遍的な前提からより個別的・特殊的
    な結論を得る推論方法
  
  ・帰納法
    個別的・特殊的な事例から一般的・普遍的な
    規則を見出そうとする推論方法

  ・弁証法
    命題と矛盾する命題の対立矛盾を通してより

    本質的で総合的な段階に進む
   →自分で言ったことを自分で否定し、自分で新しい
    答えを導きだす

 □じらし
  読者にその答えを知りたいと思わせる

 □オチをつける
  ・教訓や名言を最後にもってくる
  ・共鳴
    文章の前半部分で登場したキーワードや話題を
    最後にもってきてオチをつける
  ・疑問や呼びかけで終わる
  ・視点をかえて落とす
   例:女はどの服を来ていこうか悩む。男はその服を
    どうやって脱がすかを考えて悩む

 【読書が求めていると思われること】
  ・見たことも聞いたこともない話
  ・おやっと思う言葉(名言など)
  ・普通の人が気づかないこと
  ・「へえぇ」と思える知識
  ・斬新なアイデア
  ・びっくりする話
  ・別角度の視点
  ・役立つ情報
  ・感動する話
  ・得すること

  ・笑える話
  ・泣ける話

■文章ルール

 ○「!」や「?」の後には、1マス空ける
  例:「早く来て! いますぐに」
   ※ただし、台詞の最後に来た場合は空ける必要なし
 
 ○「…」「―」は2文字分使う
  例:「なんてこった……」

 ○閉じカッコ直前に句読点を置かない
  例「それなら、仕方ないか」

《書きとめておきたい言葉》

○文章が変わると思考回路も変わる

○書き手自身が驚いたり感動したり喜びを感じたり
 するのはまさに「準備」のとき。書き手が一番
 楽しみを感じるのは「準備」のとき。

○文章とは何をを誰かに伝えるために書く伝達手段。
 何かを伝えるというメッセージがなければ、封筒
 だけで中身の手紙のないようになってしまう。

○文章家はつねに世間とは逆の発想をする癖がついて
 います。つまり内容のある文章とは、誰も考えたこ
 ともないような新しい視点で書くこと。

○本を出版することが目的ならば、ブログを原稿保管
 場所だと思ってアクセス数を気にせず書けばいい。

○マッチ棒の法則
 火のついていないマッチ棒を何本集めても燃えたり
 はしないが、たった一本でも燃えるマッチ棒があれば
 すべてのマッチ棒はあっという間に燃え上がる。

一瞬で心をつかむ「できる人」の文章術―1日たった15分10日間で上達! Book 一瞬で心をつかむ「できる人」の文章術―1日たった15分10日間で上達!

著者:高橋 フミアキ
販売元:コスモトゥーワン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)