★先が気になる

『悪意』東野圭吾 ★★★★★

  犯人逮捕を主としたものではなく、犯人の動機をつきとめてい
く内容が斬新でした。
 
 しかも、真実と思っていたものが否定されたり、でもやはり真
実ではないだろうかという疑問が湧いたり、読者を飽きさせず、
いい意味で読者の想像を裏切られる楽しさがあります。

 また、記録の盲点をついたストーリー運びにも思わず膝をたた
きました。

(以下、ネタバレ注意)

《ストーリー》
 人気作家の日高が自宅で殺された。第一発見者は妻と幼なじ
みの野々口。
 刑事の加賀恭一郎によって犯人はすぐに野々口と判明した
のだが、動機がわからない。
 捜査の結果、野々口が日高のゴーストライターであり、野々口
と日高の前妻との不倫が原因であることが物的証拠からわかる。
 しかし、加賀は、物的証拠から動機解明までの理屈は通るの
だが、言い知れぬ違和感を感じていた。
 そこには、うその動機を作り上げる野々口の周到なトリックが
あったことがわかる。ゴーストライターであったかのようにみ
せるための手の込んだしかけ、不倫をしていたかのようにみせ
るための証拠の操作など、はじめから捕まることを前提とし、
容疑をかけられることから逃れるためではなく、ウソの動機を
創作するための綿密なトリックがあったのだった。
 それは、自分が捕まってまでも日高の人間性を貶めるため
のものだったのだ。

悪意 (講談社文庫) Book 悪意 (講談社文庫)

著者:東野 圭吾
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『影踏み』横山秀夫 ★★★★★

 だいぶ前に買っていたのですが、読み忘れて本棚に眠ってい
ました。買ったときほどの読みたい気持ちは薄れていたのです
が、少し読み始めるととまりませんでした。先が気になって、
途中でやめることができませんでした。これまで横山秀夫さん
の本で失敗したことはなかったのですが、今回も然りです。
 
 本書は、犯罪者を主人公としためずらしい連作短編集です。
犯罪者ではあるのですが、どこか憎めず、その境遇には同情を
したくもなります。警察視点ではない犯罪者視点という斬新な
ミステリーの要素があり、一気に読めました。

影踏み (祥伝社文庫) Book 影踏み (祥伝社文庫)

著者:横山 秀夫
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さまよう刃』東野圭吾 ★★★★★

 あけましておめでとうございます。 
 2009年、最初の本です。年末年始の休みに没頭して
読みました。

  子どもを持つ親として感情移入した本です。
 自分の子どもが蹂躙され殺害されたら、親として自分はどん
な行動をとるのか。
 たぶん、本書の主人公と全く同じことを思い、同じことをす
るんだと思います。
 被害者当人であれば当然の行動ではないでしょうか。
 
 こういった類の本を読むとついつい被害者側に感情移入して
しまいますが、加害者側の親という視点も大切だと思いました。
 子どもが加害者とならないようにするには親としてどういう
教育をすればいいのだろうか。1歳にも満たない子を持つ親と
してはこっちのほうを真剣に考えさせられました。

 直感的に感じたのは二つのキーワードです。孤独になる勇気と
他人の痛みを感じる想像力です。
 
 グループから抜けてでも、抜けてからの報復があるとしても、
他人の痛みを想像し、自分の信じた正義を貫く勇気を持つ。そ
んな子どもになってほしいのですが、親として何ができるので
しょうか。

(以下、ネタバレ注意!)

《ストーリー》

 女子高生の絵摩が少年にレイプされ殺害された。その親長峰は
少年への復讐を決意する。長野県に潜伏する少年の居場所をペ
ンションを経営する女性の助けや謎の密告者の助けを得て探し
求める。マスコミや大衆、警察までも本当の正義とは何かを考
えさせられる。
 長峰は少年を猟銃をつきつけるところまで追い込んだが、長峰
は警察に射殺される。
 謎の密告者は捜査に関わる警察の班長だった。

さまよう刃 (角川文庫) Book さまよう刃 (角川文庫)

著者:東野 圭吾
販売元:角川グループパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (0)

『てのひらの迷路』石田衣良 ★★★★★

08/02/03読了
 
 1編10枚の掌編小説がこれほどおもしろいとは思わなかった。
 掌編小説に今まで以上に興味を持った。
  一気に読んでしまった。
  すべてまた読み直してもよい価値があると思う。
 
 すべてを投げ出したくなったら「無職の空」を、
 ひとりきりを味わいたくなったら「ひとりぼっちの世界」を、
 ひとときのアバンチュールを感じたくなったら「オリンピッ
 クの人」を
 書くことができないときは「短篇小説のレシピ」を
 再読すればよい。
  
 一篇ごとに著者の解説があるが、ゆったりのんびり生きるこ
とのすばらしさを感じることができ、心を落ち着かせてくれる。

てのひらの迷路 (講談社文庫) Book てのひらの迷路 (講談社文庫)

著者:石田 衣良
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ムボガ』原宏一 ★★★☆☆

 「中国」と聞いて、いいイメージを持つ人は少ないの
ではないだろうか。
 とくに最近では、餃子などの食品問題が日本を騒がせ、
よりマイナスイメージを与えているのかもしれない。
 
 でも私は「中国人」に対してまったく悪い感情はもっ
ていない。
 もちろん食の安全が脅かされるのは困るわけだが、イ
コール中国人は悪いヤツだとはならない。

 それは、生活者という立場で中国人とともに1ヶ月間
生活したからかもしれない。
 短期間ではあったが、北京での留学生活は、中国人の
あたたかさに随分助けられた。
 また、中国人の国民性を肌で感じ、日本人との違いに
ときには驚き、ときには見習いたいと思った。

 「中国人」とひとくくりに書いたが、中国人にもいろ
いろな人がいた。
 いかにも中国人といった豪快さを持った人もいれば、
まるで日本人のように勤勉で繊細な人もいた。
 当然、いい人ばかりではないく悪いことをする人もい
る。それは日本人だって同じこと。
 
 日本に滞在している中国人が何か犯罪を起こすと、ほ
れみたことかと言わんばかりに、新聞やニュースからは中
国人、いや、中国という国自体が悪いように聞こえるの
は自分だけだろうか。
 
 日本人の犯罪だってあるし、日本人による食品偽装の
問題だってある。
 ひとくくりに中国人に対して悪い感情を抱いてしまう
のは悲しいことだと思う。

 外国人の刑法犯検挙率は日本人の半分以下という試算も
あると本書では言っている。
 一般のイメージとは乖離しているのではないだろうか。
 本書は、田舎町のオヤジバンドマンたちが、ひょんな
ことからアフリカで一躍有名になり、日本でもメジャー
デビューを目指す中年青春小説だ。
 だが、それだけではない。日本で働く外国人労働者の
差別問題が大きなテーマとなっている。
 外国人に対して、何か大事なことを考えさせられる小説
だ。
 

ムボガ (集英社文庫 は 34-1) Book ムボガ (集英社文庫 は 34-1)

著者:原 宏一
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『アヒルと鴨のコインロッカー』伊坂幸太郎 ★★★★★

(07年9月読了) 

 いつもちょこっとずつ読む自分が一週間で読みき
った。 続きがきになってしょうがなかったのだ。

 現在と過去(2年前)のそれぞれの話が進み、現在と
過去が重なり合ったときは、思わず「あっ」と声をあげ
たくなるような驚きがあった。

 別々にあった脳の回路がつながって心地良い感じ。
  

 (以下、ネタばれ注意!)


 現在の主人公「椎名」、そして「河崎」と思いきや
じつは「ドルジ」が繰り広げる少し奇妙で不思議な関係
はほほえましかった。
 
 一方、過去の主人公「琴美」。「河崎」と「ドルジ」。
恋の三角関係が展開されるのかと予想していたが、そう
ではなく、悲しい事件につながっていった。

 最後に「琴美」が轢かれて死に、「河崎」がエイズを患
いうつした女性の死をきっかけに自殺、ドルジの復讐劇
と、予期せぬ展開には圧巻だった。

 「人生を楽しむ方法は、車のクラクションをならさな
いことと細かいことを気にしないこと」


という琴美のことばが印象に残っている。
 
 小説を読むことの楽しさや脳の心地よさを感じた一冊
だった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『短篇ベストコレクション 現代の小説2008』日本文藝家協会編 ★★☆☆☆

 21名の作家の短篇集。

 こういった類の本は、新たな作家を発掘できることと

いろいろなテイストの小説が読めることが魅力である。
 
 ベストコレクションとあるだけにかなり期待をしたが

おもしろいと思った短篇はそれほどなかった。

 それでも以下の3篇はおもしろくてすらっと読めた。

■「みんな半分ずつ」

  対等の関係を求める女性。男性はそれに窮屈になり
 離婚へ発展。仕事のパートナーとしても解消。
  個人的には「対等」のつきあいを考える人はけっこう
 好きである。でもときにはその対等を甘えに変えること
 が人間関係、とくに男女関係を考える上では重要か。

■「雪の降る夜は」

  自殺を図ろうとした元看護師と患者が北へ逃避行。
 何もかも捨てて電車に乗り込み、あてもなく北へ行く。
 モノトーンの背景を連想させる情緒的な小説で、元気
 が出ないときは、あえてこういったものを読みたくなる。

■「その日まで」

  時効まであと数日の犯罪を犯した女性。その女性は
 昔から運がいい。主人公の女性と一緒に買った宝くじが
 あたり時効確定後、その当選金を取りにくるのではないか。
 主人公の心の不安定さがうまく表現されていて、次の展開
 が楽しみになる。運のよさがあだとなったラストには
 手を打った。

短篇ベストコレクション現代の小説2008 (徳間文庫 に 15-8) Book 短篇ベストコレクション現代の小説2008 (徳間文庫 に 15-8)

著者:日本文藝家協会 編
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『白夜行』東野圭吾 ★★★★☆

 テレビドラマを見てストーリーは知っていた。展開を知っ
ているので、驚きやドキドキ感はあまりなかった。

 しかし、飽きずに読み切った。
 いや、飽きずにというより、先が気になって途中でやめる
ことなどできなかった。
 それは、テレビドラマとの違いがあるのか、ドラマの映像
をどう表現しているのか。また、先に読んだ『白夜行』の
続編と言われる『幻夜』とつながる部分はどこか。

 こういった視点で読んでいると早く先のページをめくりた
くなるのだ。それにしても、著者の筆力には圧巻である。

 これほど複雑で入り組んだ物語を読者に違和感なく読ま
せるには相当な筆力が必要なはず。意味がわからなくて
読み直した箇所はない。改めて東野圭吾のすごさを知った。

白夜行 (集英社文庫) Book 白夜行 (集英社文庫)

著者:東野 圭吾
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『幻夜』東野圭吾 ★★★★★

 「幻夜」の前作と評される「白夜行」はテレビドラマ
で見ただけで小説では読んでいない。
 
 しかし、「白夜行」を知らなくても十分楽しめた。
 もちろん、知っていたほうがいいと思うが、別の作品とし
て読むことができる。
 
 ボリュームは結構あるが、飽きさせない展開でページ
をめくるのが自然と早まる。残りのページが少なくなる
につれてページをめくるのがもったいなくなってくる。
引き込まれる作品だ。出張に持参して読んだが、長時間
の電車のお供には最適だ。

 読後には、なんとも言えない気持ちが残った。想像力
が書き立てられあれこれ想像したくなった。
「白夜行」との関連を探したくて、必死に何年か前に見
たテレビドラマを思い出した。
 そして、小説の「白夜行」を読みたくなった。

 冷徹で計算高く生きる人間と、操られ破滅していく人間。
この2人の人間が描く壮絶な物語に自分の感性が何を感じる
か試してみてはどうだろうか。

幻夜 Book 幻夜

著者:東野 圭吾
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ラッシュライフ』 伊坂幸太郎 ★★★★★

何の関係もないと思っていたものが結びついたとき、
人はおもしろいと感じる。

本書はその連続だった。

5つの物語がつながっていることにだんだん気づき
はじめ、予想もできない関連性に思わず感嘆の声を
あげたくなる。

セリフや細かい出来事まで細部にわたり網の目のよ
うに絡み合っていく。一度読んだだけではその細部
にわたる技巧まで気づけないかもしれない。

本書は一気に読むことをオススメする。細かい関連
性を味わうためには、一晩おいては、おもしろさが
半減してしまうのだ。

個々でバラバラに存在していた点が一つの線として
つながったときの爽快感をぜひ味わってほしい。

きっと、人生もこんなものだろう。
人と人はどこかでつながっていて、関連しあいなが
ら生きている。

ラッシュライフ (新潮文庫) Book ラッシュライフ (新潮文庫)

著者:伊坂 幸太郎
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)