生き方を考える

『しがみつかない生き方』香山リカ ★★★☆☆

 本書の内容はあとがきの著者の次の言葉に集約され
ています。
「ふつうにがんばって、しがみつかずにこだわらずに自分
のペースで生きていけば、誰でもそれなりに幸せを感じな
がら人生を送れる。それで十分、というよりそれ以外の
何が必要であろうか」

 なかでも「すぐに白黒つけない」の内容は印象に残り
ました。
 人間の狭量化が進んでいる今だからこそ「あいまい
さ」の大切さを説きます。「あいまいさ」を許容できる器量
やそれ認める社会であり、自分とは違った考え方や生き
方を排除せずに受け入れる「ゆとり」が必要だということ
です。
 私はこれを「グレー思考」と勝手に名づけましたが、白
でも黒でもない色を大切にする姿勢は大事にしたいと思
います。

以下も印象に残った内容です。

○皇室の雅子さまの座右の銘「実るほど頭をたれる
 稲穂かな」

○親が子を愛するのは本能だが、子が親を愛するの
 は本能ではない。

○子とは適度に距離をとって自分は自分の責任で生
 きていく。

○今の境遇を感謝し、うまくいっているときは運がよ
 かったと思える力を身につけれるとよい。

しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書) Book しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書)

著者:香山 リカ
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『哲学』島田紳助 松本人志 ★★★★☆

 著者のふたりには、笑いだけでなく、それ以外の「何か」に
魅かれます。
 
 本書を読んで、その「何か」がはっきりしました。独自の世
界観を持ち、常識にとらわれず、まわりを気にせずに自分の考
えを貫く生き方をしているふたり。私は、そういった生き方に
魅かれるのです。
 
 言わずとしれたお笑い会の頂点に君臨するふたりの生き方に
、自分の信じた生き方を突き進むことに対して勇気をくれます。

 島田紳助さんの言葉で印象に残ったものが二つがありました。
原文とは違いますが、意味としてはこうです。

○お金は「心の安心感」である。死ぬまで買いたいものを買い、
 食べたいものを食べ、行きたいところに行く。それができる
 人が一番の幸福だと思う。

 当たり前のことです。でも、お金の話はいやらしいものとと
らえがちなだけに、このストレートな表現に素直に共感しまし
た。

○子どもがCDを買ってとせがんでくる。すると島田紳助こう
 答えたという。お前がよそのねえちゃんだったらどんだけで
 も買ってやる。でも自分の娘だから買うことができないんや。
 なぜなら、親が買うと子どもは喜ぶ。その喜んだ顔を見て親
 も喜ぶ。でもそれは自分のお金でCDを買うという子どもの
 喜びを奪っているんや。だから親は買ったらいけない。お前
 の喜びにしないといかんのや。だから自分で買いや。

 子どもが大きくなってモノをせがんできたらこういう諭し方
 もあるんだなと思い感心しました。

哲学 (幻冬舎よしもと文庫) Book 哲学 (幻冬舎よしもと文庫)

著者:島田 紳助,松本 人志
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『会社に人生を預けるな』勝間和代 ★★★☆☆

 著者が言いたいことは、この二つだと思います。
 日本の停滞の原因は、つきつめると「終身雇用制」にある。
 リスクに気づき、リスクとリターンを分析したうえで最適な
方法を判断する能力が必要であり、リスクの回避のみを考える
のはそれこそがリスクである。

 前者は、著者の主張に同感する部分も多くありましたが、強
者の考え方という感じも受けました。強者は知識と自信を持っ
て会社を渡り歩くことができるかもしれません。でもそういう
人ばかりでありません。何のとりえもない弱者が、終身雇用を
信じながら運よく入れた会社に必死しがみつく姿を想像してし
まうのです。
 ただ、そういう個々のケースではなく社会全体を見れば、日
本の閉塞感を打ち破るためには問題のある制度であるという考
えもうなずけます。でも、そうはいっても制度を変えることな
んてできないのが私のような一般人です。

 だから、前者について考えるのはほどほどにして、後者につ
いて思いをめぐらしてみました。すると私はけっこうリスクを
意識して生活していることを改めて再確認しました。

 そのうち3つほどご紹介します。
 まずは、一つ目。私は通勤かばんの中に常にハザードマップ
を入れています。いつ地震が起きても、最悪、徒歩で帰ること
を考えて常に持ち歩いているのです。
 
 二つ目はメガネとコンタクトを常備しています。ふだんはメ
ガネをかけていますが、割れてしまったときのために常にスペ
アのメガネと使い捨てコンタクトを通勤かばんの中に入れてい
るのです。
 
 三つ目は海外でのエピソードです。
 中国の上海へ旅行に行ったときのことです。
 帰国する日、ホテルから空港までガイドさんの車で送っても
らいました。道中、地図を眺めていたのですが、おかしなこと
に気づきました。利用する空港へ向かっているとは思えない方
角に向かっているのです。不思議に思ってガイドさんに尋ねる
と、別の空港に向かおうとしていたのでした。そう、上海には
国際線の空港がふたつあるのです。ガイドさんは私の空港券に
記載された空港ではなく、間違えて別の空港へ行こうとしてい
たのです。早めに気づいたので、ぎりぎり離陸時間には間に合
いましたが、危ないところでした。

 海外旅行はとかくガイドさんにすべてをまかせがちですが、
私はそうではありません。たとえガイドさんに連れて行っても
らうとしても、空港の場所はもちろんのこと、観光する場所や、
ホテル、食事をするレストランは事前に必ず地図で場所を確認
しておきます。

 まだまだリスクを考えた行動はたくさんあります。単なる心
配性と言われればそれまでですが、けっこう用心深く生きてい
るということを本書がきっかけで再認識しました。

会社に人生を預けるな リスク・リテラシーを磨く (光文社新書) Book 会社に人生を預けるな リスク・リテラシーを磨く (光文社新書)

著者:勝間和代
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『小泉純一郎の軍師飯島勲』大下英治 ★★★☆☆

 なぜ小泉内閣は長期政権を保てたのか。
 内閣がころころ変わる今だからこそ興味がわき本書を手にと
りました。
 ただ、本書だけで冒頭の疑問を論じることは浅はかだと思い
ましたので、読後に感じた感想を記します。

 小泉内閣は、縦割りで業務が遂行されがちな省庁に官邸とい
う横串を刺し、その横串が太くて強力だったから省益を超えた
国策ができたのだと思います。
その太くて強力な横串の芯は、首席秘書官の飯島勲氏でしょう。
 
 本書のエピソードからかいまみる彼の情報網の網の目の細か
さと決断の早さが官邸を支えていたと実感しました。マスコミ
の情報からでは到底知りえない当時の事務秘書官や参事官な
どの官邸のメンバーのすごさには驚かされます。
 
 小泉内閣の当時、新聞などで官邸主導と批判されていました
が、私は官邸主導だったからこそ長期政権を築くことができた
のだと思います。小泉首相は官邸に強いリーダーシップがあっ
たから既得権益がはびこる省庁の省益に縛られずに純粋な決断
をし続けることができたのです。要するに省庁間の連絡調整の
みではなく、リーダーシップを発揮できたのが小泉内閣です。
 
 それができたのは、官邸の人選などに代表されるような前例
や党に縛られず本質を見極めた小泉首相の判断力や決断力とそ
れをサポートする飯島秘書官の存在が大きな要因になっていた
のだと思います。

Book 小泉純一郎の軍師飯島勲 (祥伝社文庫 お 4-10)

著者:大下 英治
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さあ、才能に目覚めよう』マーカス・バッキンガムほか ★★★★★

   自分の長所や短所は、自分自身よくわかっているつもりです。
学生時代の就職活動のときに、自分から見た自分、他人から
見た自分といった視点で自己を深く見つめたものです。診断テ
ストのようなものもやってみました。そのころは、総じて言えば、
事前に知識を入れるよりは、まずは行動してみてそこから知
識を学んでいく「行動型」といった診断結果だったと思います。

 それから10年がたち、いろいろな経験をし、多くの本を読み、
少しずつそれが良くも悪くも変わってきていることを強く実感し
ています。今は、行動する前にしっかり知識をいれ、周到な準
備をしないと気がすまないのです。 どちらがいいというわけで
はないと思いますが、自分の考え方や価値観が10年前とはわ
っているのは間違いありません。

 本書は勝間和代さんの本で知りました。今一度自分自身を
見つめなおしたいという衝動にかられ読み始めました。  

  本書に記載のあるIDで自分の5つ強みを「ストレングスファ
インダー」というネット上の調査で無料で診断できるというのも
魅力でした。

 結果は、自分の思考、行動パターンをピシリと言い当てられ、
見透かされているような気がするほど、納得いくものでした。

 その結果をどう生かすかは本書では触れられていませんが、
自分以外の目線で自分を知れる機会を得ることができるの
は貴重だと思います。

 この結果の5つの強み(自分の思考、行動パターン)を常に
意識して、それが役立つことをしていくことができれば自分に
とって充実した人生が送れるような気がします。


 ちなみに、診断結果による私の5つの強みは以下のとお
りです。一番最後には、その説明を書いておきます。

 ○収集心
 ○学習欲
 ○内省
 ○包含
 ○規律性


 こういう考えや行動をとらないと落ち着かないんでしょうね。
そして、好きなんだと思います。



《学んだこと》

真の強みを築く鍵とは、
 自分の才能を正確に把握して知識と技術でそれを磨くこと。
 
  才能とは、無意識に繰り返される思考、感情、行動パターン。
     (本書の診断結果のこと)
 知識とは、学習と経験によって知りえた真理と教訓
 技術とは、行動のための手段

《おもしろい比喩》

 ○日陰の日時計
  力を活かしきれていないこと

 ○ピアノの鍵盤
  単体では力を発揮できないが、それが重なることで、
 大きな力となる。




《診断結果の説明》

収集心

あなたは知りたがり屋です。あなたは物を収集します。あなた
が収集するのは情報――言葉、事実、書籍、引用文――かもし
れません。あるいは形のあるもの、例えば切手、野球カード、
ぬいぐるみ、包装紙などかもしれません。集めるものが何であ
れ、あなたはそれに興味を引かれるから集めるのです。そして
あなたのような考え方の人は、いろいろなものに好奇心を覚え
るのです。世界は限りなく変化に富んでいて複雑なので、とて
も刺激的です。もしあなたが読書家だとしたら、それは必ずし
もあなたの理論に磨きをかけるためではなく、むしろあなたの
蓄積された情報を充実させるためです。もし旅行が好きだとし
たら、それは初めて訪れる場所それぞれが、独特な文明の産物
や事柄を見せてくれるからです。これらは手に入れた後、保管
しておくことができます。なぜそれらは保管する価値があるの
でしょうか? 保管する時点では、何時または何故あなたがそ
れらを必要とするかを正確に言うのは難しい場合が多いでしょ
う。でも、それがいつか役に立つようになるかどうか誰が知っ
ているでしょう。あらゆる利用の可能性を考えているあなたは、
モノを捨てることに不安を感じます。ですから、あなたは物や
情報を手に入れ、集め、整理して保管し続けます。それが面白
いのです。それがあなたの心を常に生き生きとさせるのです。
そしておそらくある日、その中に役に立つものが出てくること
でしょう。

学習欲

あなたは学ぶことが大好きです。あなたが最も関心を持つテー
マは、あなたの他の資質や経験によって決まりますが、それが
何であれ、あなたはいつも学ぶ「プロセス」に心を惹かれます。
内容や結果よりもプロセスこそが、あなたにとっては刺激的な
のです。あなたは何も知らない状態から能力を備えた状態に、
着実で計画的なプロセスを経て移行することで活気づけられま
す。最初にいくつかの事実に接することでぞくぞくし、早い段
階で学んだことを復誦し練習する努力をし、スキルを習得する
につれ自信が強まる――これがあなたの心を惹きつける学習プ
ロセスです。あなたの意欲の高まりは、あなたに社会人学習―
―外国語、ヨガ、大学院など――への参加を促すようになりま
す。それは、短期プロジェクトへの取組みを依頼されて、短期
間で沢山の新しいことを学ぶことが求められ、そしてすぐにま
た次の新しいプロジェクトへに取組んでいく必要のあるような、
活気に溢れた職場環境の中で力を発揮します。
この「学習欲」
という資質は、必ずしもあなたがその分野の専門家になろうと
しているとか、専門的あるいは学術的な資格に伴う尊敬の念を
求めていることを意味するわけではありません。学習の成果は、
「学習のプロセス」ほど重要ではないのです。

内省

あなたは考えることが好きです。あなたは頭脳活動を好みます。
あなたは脳を刺激し、縦横無尽に頭を働かせることが好きです。
あなたが頭を働かせている方向は、例えば問題を解こうとして
いるのかもしれないし、アイデアを考え出そうとしているのか
もしれないし、あるいは他の人の感情を理解しようとしている
のかもしれません。何に集中しているかは、あなたの他の強み
によるでしょう。一方では、頭を働かせている方向は一点に定
まっていない可能性もあります。内省という資質は、あなたが
何を考えているかというところまで影響するわけではありませ
ん。単に、あなたは考えることが好きだということを意味して
いるだけです。あなたは独りの時間を楽しむ類の人です。
なぜ
なら、独りでいる時間は、黙想し内省するための時間だからで
す。あなたは内省的です。ある意味で、あなたは自分自身の最
良の伴侶です。あなたは自分自身にいろいろな質問を投げ掛け、
自分でそれぞれの回答がどうであるかを検討します。この内省
という資質により、あなたは実際に行っていることと頭の中で
考えて検討したことと比べた時、若干不満を覚えるかもしれま
せん。あるいはこの内省という資質は、その日の出来事や、予
定している人との会話などといったような、より現実的な事柄
に向かうかもしれません。それがどの方向にあなたを導くにし
ても、この頭の中でのやりとりはあなたの人生で変わらぬもの
の一つです。

包含

「もっと輪を広げよう。」これはあなたが人生の基本としてい
る信念です。あなたは人々をグループの中に包含し、その一員
であると感じさせたいのです。選ばれた者だけのグループを好
む人たちとは正反対です。あなたは他の人を寄せ付けないこの
ようなグループとの関わりを積極的に避けます。 あなたはグ
ループの輪を広げ、できるだけ多くの人がグループに支えられ
ることによる恩恵を受けられるようにしたいと考えています。
あなたは、誰かがグループの外側から中を覗いているような光
景を嫌悪します。あなたは彼らが暖かさを感じることができる
ように、彼らを中に引き入れたいと思います。あなたは、本能
的に寛容性を持っている人です。
人種、性別、国籍、性格や宗
教がどうであれ、あなたは人をほとんど批判しません。
批判を
与えることは、人の感情を傷つけるかもしれません。必要もな
いのに、なぜそんなことをしなければならないのでしょうか?
 あなたの包含という資質は、「人はそれぞれ違っており、そ
の違いに敬意を払うべきだ」という信念に必ずしも基づいてい
るわけではありません。むしろ、人は基本的に皆同じであると
いう確信に基づいています。人は、皆同じように重要なのです。
ですから、誰一人として無視されてはいけないのです。私たち
一人ひとりがグループに含まれるべきです。私たちは皆、少な
くともそれに値するのです。

規律性

あなたの周りのことは全て予期できる必要があります。何事も
秩序正しく計画される必要があります。
すなわち、あなたは本
能的に自分の周りのことを秩序立てています。毎日の日課を決
めます。あなたはものごとの進捗状況と締め切りに気持ちを集
中します。長期的なプロジェクトは、連続性のある具体的な短
期計画に分割し、一つひとつの計画をきちんと実行していきま
す。あなたは必ずしも几帳面でもきれい好きでもありませんが、
決めたことが完璧に完了されることを求めています。人生には
必ず混乱がついて回りますが、それに直面した時、あなたはそ
の状況をコントロールしていると感じたいのです。
日課、進捗
状況、秩序立て、これらすべてが、この状況をコントロールし
ているという感覚を生み出しています。この規律性という資質
を持っていない人たちは、あなたの秩序立てたいという欲求に
いらいらすることがあるかもしれません。しかし、衝突を避け
ることはできます。あなたは、誰もがあなたのように何でも予
測できることを望んでいるわけではないと理解しなければなり
ません―彼らは物事を達成する他の方法を持っているからで
す。
さらにあなたは、あなたが秩序立てを必要としていること
を彼らに理解させ、更にはその価値を認めさせることさえでき
るのです。予想外の出来事に対する嫌悪感、誤りに対する苛立
たしさ、あなたの日課、細かいことを突き詰める傾向、これら
はどれも、人の行動を制限しようとする命令的な振るまいだと
誤解されてはなりません。むしろ、これらの行動は毎日の生活
で起こる障害に直面した時、あなたの前進と生産性を維持する
ための本能的な生き方であると理解されるべきです。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす Book さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

著者:マーカス バッキンガム,ドナルド・O. クリフトン
販売元:日本経済新聞出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『起きていることはすべて正しい』勝間和代 ★★★★★

 本書から多くのことを得ましたが、一番胸にズシーンときた
のは、「どんな状況からでも学ぶ姿勢」でした。
 
 今起きていることを否定したり逃げたり、後悔しても仕方がな
い。ましてやこうだったらいいのにと考えても仕方がない。そ
んなことに労力をかけるのではなく、そこから何を学び取るか
に労力をかける。
 
 うまくいかない状況では、そこから「何を学び取るか」、
 うまくいったなら素直に「感謝する」姿勢

を心がけようと思ました。
他にも多くのことを学び、行動に移そうと思いましたので以下
にまとめます。

《学んだこと&行動しようと思ったこと》

○潜在意識への意識と目標設定
 自分の考えや行動は顕在意識ではなく潜在意識で決まるよう
です。

 目標を設定してそれを紙に書いて潜在意識に埋め込むことで、
自ずと潜在的にも目標に向かって意思決定をするようになる。
他の自己啓発書にも目標は紙に書いて意識しろといった内容は
多かったのですが、なかなか行動に移せませんでした。

しかし、本書からは潜在意識の力を信じさせる何かがあり行動
につなげてくれました。
 
 潜在意識はボーっとリラックスしているときに情報が入りや
すいようなので、ボーっとしている時間は怠けている時間とは
考えずに潜在意識に情報をインストール中と考えようと思いま
す。

○ラベリング
 齋藤孝さんは著書のなかでよく概念化の必要性を説いていま
すが、これと同じことだと思います。
 情報を簡略化、抽象化、概念化してキーワードにしておくこ
とで、潜在意識にも残りやすく、引っ張り出しやすくなります。

 常に情報の本質をとらえ、それを概念化して潜在意識に保存
しておくことを無意識のうちにできるように習慣づけしたいと
思います。

○三毒追放
 仏教が「三毒」としている「妬まない、怒らない、愚痴らな
い」をやめることです。
 当たり前のことではありますが、ふだん意識することは難し
いです。
 ただ、「三毒追放」という1つのキーワードなら潜在意識に
いれておけそうだと思いますので今日から実践します。

○捨てる勇気
 本書では「捨てる技術」というキーワードでしたが、私は
「捨てる勇気」ととらえました。
 というのは、捨てるのは、何かと勇気がいるからです。
 本書でも言っていますが、「自分がしたくないことを人生
の目標のひとつにする」くらいの気持ちが必要だと思いま
した。 捨てないと拾うことができないとも著者は言っていま
すし。

○利他の精神 
 自分がしたことが、他人の喜びになり、それを自分が
喜ぶ。それを繰り返すことで心に栄養が与えられる。

というサイクルを意識しておくことで人のために何かをする
ことをいとわなくなると思いました。

 ただ、これは「人のため」と考えるのではなく、「自分のた
め」と考える方がいいと思っています。人のためと考えてしまう
とそこに相手への「期待」、いわゆる無意識のうちに見返りを
求めてしまうからです。ありがとうの一言もないと腹が立ちま
すが、「自分のため」にしていると覚悟すれば、ありがとうの
一言がなかったとしても、腹は立ちません。

○空・雨・傘 
 情報処理の概念。客観的事実を認識して状況を解釈し、行動
に移すという3段階の流れを表しています。

○知の三点測量法

○他者の体験を活かす
 他者の体験を本や直接聞くことで知り、疑似体験をします。
自分の体験と混ざり合ったものは、そこから得た感覚を言葉に
し行動へ移すところまで活用するのです。

《本書のポイント》
 
メンタル筋力を鍛えればセレンディピティ(※1)の力がつく。
メンタル筋力とは以下の4つの技術を総合した能力。
 
 ○脳内フレーム120%活用法
  ・潜在意識の活用

 ○即断即決法
  ・やらないことを決める
  ・捨てる技術

 ○パーソナル資産増強法
  ・限られた条件をどう使い切るか

 ○勝間式人間関係の兵法
  ・わがまま力
  ・アサーティブな振る舞い

※1 偶然の出来事からチャンスを探す能力。不運を幸運に、
幸運を実力に変えることができる力

《心に残った言葉》

○いま起きていることを否定したり、こうだったらいいなあ
 と夢想しても仕方がない。それよりはおきていることから
 何を学び取り、どのように行動すれば、いま一瞬のこの時
 間を最大限に活用できるか。

○ちょっと心も過労になったな、と感じたときは、積極的に休
 養を取ります。肉体的な疲労と違って、精神的な疲労は目に
 見えにくいので、私たち自身も敏感になる必要があります。
 (中略)これからかかるコストを見て、早め、早めに対応し
 ておくのです。

起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術 Book 起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術

著者:勝間 和代
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ウェブ時代をゆく』梅田望夫 ★★★★★

08/02/23読了

ネットのすごいと思ったところ

 ●「群衆の叡智」で個の思考の進化
  ネット上の群衆の叡智を活用することで一人で生み出せる
 価値を超えることができる。思考の進化。
 (ブログの書き込みやQ&Aサイトなど)

 ●「もうひとつの地球」で“好き”を貫くことができる
  志向性の共同体に入りながら“好き”を貫き、リアル地球
 を行き来することができる。能力の増幅器として活用。
 (ネットのなかのコミュニティに所属するなど)

 ●自分の志向性の発見からネットへ
  なぜ?を自問し、志向性が見つかればネットで増幅させ、
 知の高速道路を走ったり、けもの道を走ったり、志向性の
 共同体に寄与する。

ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書) Book ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書)

著者:梅田 望夫
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『目覚めよと彼の呼ぶ声がする』石田衣良 ★★★★★

08/01/19読了。

 軽快な文章で読んでいて楽しくなる。肩の力を抜いて読め
た本だった。
 エッセイのお手本のようだ。

《印象に残った言葉》
『心は身体と同じで、いつも動かしていないと、すぐにかちか
ちに硬くなってしまう。涙には人の心をストレッチするやわら
かな力があるのです。小説、映画、音楽に限らず、いい作
品には悲嘆や歓喜の絶頂に人を連れていく力づよい翼
がある。』

目覚めよと彼の呼ぶ声がする Book 目覚めよと彼の呼ぶ声がする

著者:石田 衣良
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『人間の関係」五木寛之 ★★★★☆

07/11/26読了

《ポイント》

○鬱から抜け出すには「歓びノート」「悲しみノート」「あんがと
 ノート」が有効。

○敵であっても評価し評価される関係、何にも利用しない関係が
 新しい人脈の形である。

○血縁が全てではない。血は繋がっていても「他人」。他人が一
 緒に生きることに意味がある。

○「思い出」が夫婦を繋ぐ大切な絆。お互いがわかりあった上で
 恋愛感情からヒューマンな友情切り替わることが永続的な関係
 を保つことができる。

○「作法」は合理的で美しくてなくてはならない。その世界だけでは
 なく日常生活に活かされてこその作法である。
 作法は必要なことを自然に美しくという精神が必要なのだ。

○「信頼」とは、信頼されるという見返りを求めるものではない。
 一方的なものである。裏切られてもいいという覚悟をもって賭
 けることが信頼だ。

○感謝や見返りを期待してはいけない。自分がしたいからしてい
るという思いを忘れてはいけないのだと思う

○人間は100%信じられないというわけではない。ほんの5%
 くらいは信じられるものがあるのではないだろうか。

人間の関係 Book 人間の関係

著者:五木 寛之
販売元:ポプラ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『人間の覚悟』五木寛之 ★★★★★

 これまで期待しないで生きてきた。
 社会に期待しないし、友人にも恋人にも期待しない。
 会社にも期待しないし、結婚した今では、妻にも子ども
にも期待しない。
 
 例えば、妻だから家事をするのは当たり前と期待しない。
子どもは親孝行するもんだとは期待しない。社会や国が
自分を守ってくれるなん期待しない。
 
 虚無的で後ろ向きな考え方だと思われるかもしれないが、
決してそうではない。
期待していないからこそ何事も自分でしっかりやろうと
思う。はなから期待していないので、期待した結果が得
られず腹がたつということもない。期待していなから批
判的になることもない。もし、何かいい結果が得られた
のならば、期待していなかったから、その分喜びも大き
い。

 10年以上そうやって生きてきたが、この考え方には随
分助けられたと思っている。

 こういった考え方をするようになったのは、五木寛之さ
んのこれまでの著書の影響が大きい。
 
 本書は、これまでの著書以上に、「期待しない生き方」
に焦点を絞っていると思う。

 期待しないと覚悟して生きていく。
 これが生きにくい現在を生きていく私の哲学である。
 本書を読んで再確認できた。

《本書のポイント》

○諦める(明らかに究める)覚悟をもつ。

○自分が信じると選択したことに裏切られても後悔しな
 いと覚悟する。

○善意は伝わらないと覚悟する。

○人生は不合理だと覚悟する。

○一件落着主義はウソであると覚悟す。

○国や法律は守ってくれないと覚悟する。

○健康な体は決してないと覚悟する。

○最低限から考えてみる。

○体の声に従うことが大切。

○「中道」の考え方が大事。一方に偏らないという意味
 ではなく、両方大事という考え方。

○人は生きただけで偉大なのだ。

○いいことをしてもひけらかさない。(中国の「隠徳」
 という考え方)本田宗一郎氏の苦学生への奨学金の例

○資本主義は終焉の時期が来ている。

○統計などの数字よりも自分の実感を信じる。

○「格差」は、あることが問題ではなく定着すること
 が問題。

○躁から鬱の時代(下降していく時代)に入った。

○下降する社会と上昇しようとする摩擦が若者が感じる
 閉塞感につながっている。

○日本人は文明は西洋から取り入れたが魂までは取り入
 れていない。

人間の覚悟 (新潮新書 287) Book 人間の覚悟 (新潮新書 287)

著者:五木 寛之
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)