« 『パラレルワールド・ラブストーリー』東野圭吾 ★★★★☆ | トップページ | 『運命の足音』五木寛之 ★★★★★ »

『夜明けを待ちながら』五木寛之 ★★★★★

'98読了。

《印象に残った内容》

○本川達雄さんの『ゾウの時間 ネズミの時間』によれば哺
 乳類の一生の呼吸の数は5億回である。

○人生というものはそんなにすばらしいものではなく、ひど
 くて残酷なものであり、不合理なものだ。だけど、投げ出し
 てしまうほどはひどくない。

○平凡に生きる人も、失敗を重ねて生きる人も、偏見に包ま
 れて生きる人も生きているということに価値があり、どのよ
 うに生きたかは2番目、3番目に考えればよいこと。

○人間は病気の巣であり、自分の体のバランスを崩して病気
 を表に出さないようにすることが大事。

○今を生きるためには次の3つが大事。①健康②自分の信念、
 ポリシー③経済的基盤

○歳をとっても夢を持ち続けることができるのはひとつの才
 能。

○こういう時代のなかではっきりしていることは自分以外の
 ものを頼りにすることはできない。教育、健康、財産、職場、
 すべて頼りにできない。自分でやるしかない。

○物事に失敗したとき、他力の風が吹かなかったと自分の
   責任じゃないと思うことにする。そのかわりうまくいったと
   きには、他力の風が運んでくれたのだと決して傲慢にな
   らない。

夜明けを待ちながら (幻冬舎文庫) Book 夜明けを待ちながら (幻冬舎文庫)

著者:五木 寛之
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

|

« 『パラレルワールド・ラブストーリー』東野圭吾 ★★★★☆ | トップページ | 『運命の足音』五木寛之 ★★★★★ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048288/30074738

この記事へのトラックバック一覧です: 『夜明けを待ちながら』五木寛之 ★★★★★:

« 『パラレルワールド・ラブストーリー』東野圭吾 ★★★★☆ | トップページ | 『運命の足音』五木寛之 ★★★★★ »