« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

『運命の足音』五木寛之 ★★★★★

'02読了。

《印象に残った内容》

○人間は傲慢になりすぎている。円木につながれた狂牛病の
 牛たちの目を見てそう思わずにはいられなかった。

○傲慢な人間にブレーキをかけるのが「宗教」。「経済」は
 エンジンであり、「政治」はハンドルである。

○環境問題に対する根本的な考え方は日本とヨーロッパとは
 違うはず。ヨーロッパは人間の生活を守るために自然環境を
 大事にしようという人間中心主義。東洋は、仏教もそうだが、
 自然のすべてに生命があり、互いに共生して生きていくべき
 という考え方。だから自然と謙虚に向き合うべきである。

運命の足音 (幻冬舎文庫) Book 運命の足音 (幻冬舎文庫)

著者:五木 寛之
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『夜明けを待ちながら』五木寛之 ★★★★★

'98読了。

《印象に残った内容》

○本川達雄さんの『ゾウの時間 ネズミの時間』によれば哺
 乳類の一生の呼吸の数は5億回である。

○人生というものはそんなにすばらしいものではなく、ひど
 くて残酷なものであり、不合理なものだ。だけど、投げ出し
 てしまうほどはひどくない。

○平凡に生きる人も、失敗を重ねて生きる人も、偏見に包ま
 れて生きる人も生きているということに価値があり、どのよ
 うに生きたかは2番目、3番目に考えればよいこと。

○人間は病気の巣であり、自分の体のバランスを崩して病気
 を表に出さないようにすることが大事。

○今を生きるためには次の3つが大事。①健康②自分の信念、
 ポリシー③経済的基盤

○歳をとっても夢を持ち続けることができるのはひとつの才
 能。

○こういう時代のなかではっきりしていることは自分以外の
 ものを頼りにすることはできない。教育、健康、財産、職場、
 すべて頼りにできない。自分でやるしかない。

○物事に失敗したとき、他力の風が吹かなかったと自分の
   責任じゃないと思うことにする。そのかわりうまくいったと
   きには、他力の風が運んでくれたのだと決して傲慢にな
   らない。

夜明けを待ちながら (幻冬舎文庫) Book 夜明けを待ちながら (幻冬舎文庫)

著者:五木 寛之
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『パラレルワールド・ラブストーリー』東野圭吾 ★★★★☆

「自分」という存在は、自分自身の「記憶」と他人との関係
で成り立っている不安定なものだと気づかされました。

 そのどちらかが不安定になると「自分」という存在を信じる
ことができなくなってしまうのです。
 物理的な「モノ」の存在に比べるとずいぶん不安定なもので
す。

 言うまでもなく「記憶」は、自分が自分であるために重要な
ものです。だとするならば、「思い出」に浸る、というのは
少し後ろ向きな気もしますが、自分自身の存在を確認するに
は欠かせないことだと思います。

パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫) Book パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)

著者:東野 圭吾
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『プロフェッショナルたちの脳活用法』茂木健一郎 ★★★★★

 100人のプロフェッショナルの仕事術のエッセンスを
集めただけあって、濃密な内容でした。
 なかでも自分が気になった内容を自分のことばでま
とめてみました。
 興味をもったキーワードがあれば、ぜひ本書をお読
みください。
■アイデア発想法
 ○感覚遮断
   ・とくに注意を払う必要のないある程度情報が
    遮断された自分の場所をもつ
   ・脳は情報が遮断されると情報を求めようと
    する→ひらめきにつながる
 ○余裕
  ・時間の無駄だと思っても脳がなにもしない
   時間(開放感)を与えることが必要。
  ・それにより脳は情報のや整理や再編集を行っ
   ている。
 ○眠り力
  ・眠る直前に考えていたことを前頭葉は睡眠中
   も引き継いでいる。
 ○セレンディピティ
  ・「偶然はそれを受け入れる準備ができた精神のみ
   訪れる」(フランスの数学者 アンリ・ポアンカレ)
  ・私たちは見ようとしているものしか見えていない。
  ・脳の中に空のフォルダ(興味の領域)を持つこと
   が必要。
 
■プレッシャー克服法
 ○スイッチを入れる
  ・本番前に決まりごとをもつ。(自分が集中できた
   ものならなんでもいい)
  ・徹底することでスイッチの回線が太くなる。
 ○つくり笑い
 ・つくり笑いでも脳に報酬物資が出る。
 ・脳は楽観的になり、前頭葉が前向きに機能する。
■モチベーションアップ法
 ○自分を褒める
  ・ちょっとしたことでも自分を褒めることで脳が自信
   を持つ。
■創造性を豊かにする
 ○今を楽しむ
 「「いま」「ここ」に自分のすべてを懸けるということは、
  あらゆる局面を楽しむための基本となる考え方ともいえる。」
 ○メタ認知
  ・自分の価値を正確につかむことができる
  ・現実の自分と理想の自分を近づけようと脳が働く
  ・他人の気持ちを理解できるようになる
プロフェッショナルたちの脳活用法 (生活人新書) Book プロフェッショナルたちの脳活用法 (生活人新書)

著者:茂木 健一郎,NHK「プロフェッショナル」制作班
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »