« 『悪意』東野圭吾 ★★★★★ | トップページ | 『プロフェッショナルたちの脳活用法』茂木健一郎 ★★★★★ »

『日本の難点』宮台真司 ★★☆☆☆

 抽象的な言葉が多く具体的なイメージがわかなかったため、
本書の内容を十分理解することはできませんでした。

 私の読書の大半は、自己啓発書やビジネス書、小説が中心
のためため、この手の本に対する読解力のなさを痛感させら
れました。

 それでも、本書を読んで新たな気づきが3つありました。

〇子どもをネットにつながせないとか、携帯電話を触らないと
 か、携帯電話の一部のサイトにつなげないよう制限をかける
 とか、いろいろネットや携帯電話が問題視されますが、それ
 は問題の本質的な解決になっていません。問題とすべきこと
 はネットコミュニケーションよりも体面コミュニケーション
 が脆弱になっていることです。

〇消費者として一般的に得られる受け身の情報は、企業のイメ
 ージ戦略(CMや広告など)に見られるような偏った情報が多
 く見られます。だから受け身の情報だけでなく積極的に必要
 な情報を得ようとする「情報補正」が必要です。

〇最近のマスメディアには俗情にこびた「ポピュリズム」がみ
 られます。後期高齢者医療制度や派遣切り、内定取消など単
 純に「正しいのは弱者、間違っているのは強者」という図式
 で報道されるのは何か間違っているような気がします。物事
 には表裏があるわけでその両方を報道するのがマスメディア
 であって善悪を判断するのは視聴者の方だと思うのですが。

日本の難点 (幻冬舎新書) Book 日本の難点 (幻冬舎新書)

著者:宮台 真司
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『悪意』東野圭吾 ★★★★★ | トップページ | 『プロフェッショナルたちの脳活用法』茂木健一郎 ★★★★★ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048288/29760397

この記事へのトラックバック一覧です: 『日本の難点』宮台真司 ★★☆☆☆:

« 『悪意』東野圭吾 ★★★★★ | トップページ | 『プロフェッショナルたちの脳活用法』茂木健一郎 ★★★★★ »