« 『影踏み』横山秀夫 ★★★★★ | トップページ | 『他力』五木寛之 ★★★★★ »

『流星ワゴン』重松清 ★★★★★

 小学生の高学年くらいの歳の息子へ接する父親の大変さを改
めて感じました。

 良かれと思って言ったことが息子を傷つけることになってし
まったり、励ますつもりがプレッシャーをかけてしまったり、
なかなかうまくいかない父親の苦悩を感じる物語でした。

 私もあと十数年後には同じ思いをするのかもしれません。
 でも、この小説に出てくる3組の親子を見て、心に決めた
ことがあります。それは、つねに息子に対する素直な気持ち
を表現するということです。素直になること、それが一番だと
思いました。

 父親として、男としてこうした方がいい・・・、と父親や男を
演じがちですが、そんなことは重要じゃない。とにかく自分の
気持ちを素直に表現して息子に接する。そういう気持ちを持ち
続けよう、と父親になって1年も経っていない新米父親ですが、
私は思ったのです。

流星ワゴン (講談社文庫) Book 流星ワゴン (講談社文庫)

著者:重松 清
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『影踏み』横山秀夫 ★★★★★ | トップページ | 『他力』五木寛之 ★★★★★ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048288/29469927

この記事へのトラックバック一覧です: 『流星ワゴン』重松清 ★★★★★:

« 『影踏み』横山秀夫 ★★★★★ | トップページ | 『他力』五木寛之 ★★★★★ »