« 『人生の目的』五木寛之 ★★★★★ | トップページ | 『日本の難点』宮台真司 ★★☆☆☆ »

『悪意』東野圭吾 ★★★★★

  犯人逮捕を主としたものではなく、犯人の動機をつきとめてい
く内容が斬新でした。
 
 しかも、真実と思っていたものが否定されたり、でもやはり真
実ではないだろうかという疑問が湧いたり、読者を飽きさせず、
いい意味で読者の想像を裏切られる楽しさがあります。

 また、記録の盲点をついたストーリー運びにも思わず膝をたた
きました。

(以下、ネタバレ注意)

《ストーリー》
 人気作家の日高が自宅で殺された。第一発見者は妻と幼なじ
みの野々口。
 刑事の加賀恭一郎によって犯人はすぐに野々口と判明した
のだが、動機がわからない。
 捜査の結果、野々口が日高のゴーストライターであり、野々口
と日高の前妻との不倫が原因であることが物的証拠からわかる。
 しかし、加賀は、物的証拠から動機解明までの理屈は通るの
だが、言い知れぬ違和感を感じていた。
 そこには、うその動機を作り上げる野々口の周到なトリックが
あったことがわかる。ゴーストライターであったかのようにみ
せるための手の込んだしかけ、不倫をしていたかのようにみせ
るための証拠の操作など、はじめから捕まることを前提とし、
容疑をかけられることから逃れるためではなく、ウソの動機を
創作するための綿密なトリックがあったのだった。
 それは、自分が捕まってまでも日高の人間性を貶めるため
のものだったのだ。

悪意 (講談社文庫) Book 悪意 (講談社文庫)

著者:東野 圭吾
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『人生の目的』五木寛之 ★★★★★ | トップページ | 『日本の難点』宮台真司 ★★☆☆☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048288/29728386

この記事へのトラックバック一覧です: 『悪意』東野圭吾 ★★★★★:

« 『人生の目的』五木寛之 ★★★★★ | トップページ | 『日本の難点』宮台真司 ★★☆☆☆ »