« 『夢の中まで左足』名波浩 増島みどり ★★☆☆☆ | トップページ | 『影踏み』横山秀夫 ★★★★★ »

『人質カノン』宮部みゆき ★★★☆☆

 ありふれた日常生活をこんなスリリングな短編ストーリーに
してしまう著者には圧巻です。どれもよかったのですが、読後
は「過ぎたこと」と「生者の特権」が印象に残っています。
 
 前者は、護衛サービスを意外な形で活用した小学生に思わず
手を叩きました。
 
 後者は、相手を心配するなら理屈ではなく、いかに相手の気
持ちになりきりその状況を考えることができるかが大切だ、と
いうことを改めて考えさせてくれました。

人質カノン (文春文庫) Book 人質カノン (文春文庫)

著者:宮部 みゆき
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『夢の中まで左足』名波浩 増島みどり ★★☆☆☆ | トップページ | 『影踏み』横山秀夫 ★★★★★ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048288/29207914

この記事へのトラックバック一覧です: 『人質カノン』宮部みゆき ★★★☆☆:

« 『夢の中まで左足』名波浩 増島みどり ★★☆☆☆ | トップページ | 『影踏み』横山秀夫 ★★★★★ »