« 『かつどん協議会』原宏一 ★★★★★ | トップページ | 『人の心を動かす文章術』樋口裕一 ★★★★★ »

■続 本を読んだ後、ブログに何を書くか!?

 ブログをどういうコンセプトで書くか。

 このブログによく訪問していただいているイッパイアッテナ
さんのブログ
の記事がきっかけで整理してみました。

 ブログを開設した当初は、本の要約を主に書こうとしていま
した。

 ただ、以前の記事にも書きましたが、もっと自分に役立つ要
素を入れたくなりました。要約ならamazonなどを見ればわかり
ます。そうではなくて、もっと「自分」を本に絡ませた内容を
書こうと思ったのです。

 なぜなら、ブログのおもしろいところは、一般論ではなくて、
人間味あふれる一個人の個性が出ていること、すなわちもっと
主観的要素を色濃く出すことが読み手におもしろさを与えるこ
とにつながるのではないだろうかと気づいたからです。

 さらには、自分独自のキーワードや考え、主張を産み出した
い。齋藤孝さんの言うところの「概念化」、勝間和代さんの
言うところの「ラベリング」を自分の言葉で産み出し、それを
さらに高め、自分独自の着想を得たいのです。

 だから、本を読んで、私は何を思い、何を考えたのか。本よ
りも「私」に主体を置こうと思うのです。
 渡辺哲雄さんの『忙中漢話』のサブタイトルをもじって「本
が開く心の扉」といったところでしょうか。
 
 ただ、これには少し躊躇してしまう部分もあります。という
のはビジネスでは、本や資料を「客観的」に読み解き、簡潔に
要約し、自分の考えをまとめることが求められます。「客観的」
に読み解くことが重要なのです。
 ブログを書くあまり「主観的」にしか本を読めなくなると、
仕事に支障が出る恐れがあります。
 しかし、そう躊躇しながらも主観を色濃く出したいのです。
 でも一番いいのは客観的にも主観的にも読めることですね。

 というわけで、今は次の3点を意識して書いています。
 とくに②③を重要視しています。

  ①本の要約

  ②本から得た自分なりの学びや気づき、感動、印象
      に残った言葉 など

  ③本からインスパイアされて湧き出た「自分の体験」
      や
「自分の考え」「着想」 など
    本の内容をきっかけにして、自分の体験や生活と絡ま
   せて考えるとどうなのか、自分の考えや主張と比べてど
   うなのか、自分という網をくぐらせたときにひっかかる
   ものを書くイメージです

 ただ、当然、本だけではなく、「日常生活」からインスパ
イアされて湧き出た自分の体験や自分の考え、着想もありま
す。
 それはこの本のブログではなくて、「社会人のネタ探し生
活~ネタの倉庫~」
に分けて書いています。

|

« 『かつどん協議会』原宏一 ★★★★★ | トップページ | 『人の心を動かす文章術』樋口裕一 ★★★★★ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048288/27694497

この記事へのトラックバック一覧です: ■続 本を読んだ後、ブログに何を書くか!?:

« 『かつどん協議会』原宏一 ★★★★★ | トップページ | 『人の心を動かす文章術』樋口裕一 ★★★★★ »