« 『脳はなにかと言い訳する』池谷裕二 ★★★★☆ | トップページ | 『小泉純一郎の軍師飯島勲』大下英治 ★★★☆☆ »

『お金を銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践』勝間和代 ★★★☆☆

 子どもができた関係で小遣いが減り、巷でよく聞くサラリー
マンの小遣いのやりくりの大変さを味わうことになってしまい
ました。
 
 いやらしい話ですが、本書は、小遣いを増やすヒントを得た
いという不純な動機で手にとったのです。
 1年ほど前、株を始めましたが、著者の勝間さんが株式に対
してどういう考えをもっているのかについても興味がありまし
た。
 
 本書で勝間さんは、個人が株式に投資することの危険性を説
き、投資するなら株よりも投資信託ををすすめています。
 ただ、私の場合、これから投資信託を勉強する気力はないの
で、結局、株式への投資を細々と続けていこうと思いました。
そうは言っても、少額の投資ですし、今はなかなか株価が上昇
しませんので、小銭を稼ぐことすら難しいのは否めません。
 
 そこで、株価とにらめっこしながらも、少しずつ別の方法を
調べてみようと思っています。小遣い稼ぎについてネットで軽
く調べたところでは、モニターになったり、懸賞をこまめに応
募したりといった方法が自分でもできそうだったので、もう少
し深く調べてみようと思います。
 
 でも勝間さんが言っているように「楽して儲ける方法」なん
てありません。ただ、それはわかっていても、追い求めてしま
うのが財布の寒いサラリーマンの性なのです。

《新たな気づき》

〇ワークライフバランスには、労働収入に家計のすべてを頼る
 のではなくリターン性の高い金融財産を持つことが大切。

〇楽して金儲けする方法はない。金融リテラシー(*)を身につ
 けるほどそれがわかってくる。

〇資本主義社会で生き抜くのに金融リテラシーを身につけてい
 ないというのは、ルールを知らずスポーツをするようなもの。

〇預金は、リターンを得る投資ができる可能性があるにもかか
 わらず、その機会を喪失していることにつながっていること
 を自覚するべき。

〇高度経済成長の時期は、大きな政府として累進課税を強化し
 たり公共事業により地方の雇用を創出することで貧富の格差
 を緩和してきた。しかし、経済が低迷してくるとそういった
 政策はより経済の低迷をまねくため、小さな政府として市場
 原理にまかせることになり貧富の格差が広がった。

*金融リテラシーとは、金融の情報や知識を単に鵜呑みするだ
けではなく自分の経験や他から得た情報や知識との相互作用の
なかで主体的に読み取っていくこと。

お金は銀行に預けるな   金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書) Book お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)

著者:勝間 和代
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

================================================
 本ブログをご覧いただきありがとうございます。
 姉妹ブログ「社会人のネタ探し生活 ~ネタの倉庫~」
ぜひご覧ください。
================================================

|

« 『脳はなにかと言い訳する』池谷裕二 ★★★★☆ | トップページ | 『小泉純一郎の軍師飯島勲』大下英治 ★★★☆☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048288/28394848

この記事へのトラックバック一覧です: 『お金を銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践』勝間和代 ★★★☆☆:

» 投資信託基本navi [投資信託基本navi]
投資信託の基本に関するお役立ちサイトです。よろしかったら是非ご覧ください。 [続きを読む]

受信: 2009年3月 3日 (火) 11時49分

« 『脳はなにかと言い訳する』池谷裕二 ★★★★☆ | トップページ | 『小泉純一郎の軍師飯島勲』大下英治 ★★★☆☆ »