« 新ブログの開設&お礼 | トップページ | 『ビタミンF』重松清 ★★★★★ »

『さまよう刃』東野圭吾 ★★★★★

 あけましておめでとうございます。 
 2009年、最初の本です。年末年始の休みに没頭して
読みました。

  子どもを持つ親として感情移入した本です。
 自分の子どもが蹂躙され殺害されたら、親として自分はどん
な行動をとるのか。
 たぶん、本書の主人公と全く同じことを思い、同じことをす
るんだと思います。
 被害者当人であれば当然の行動ではないでしょうか。
 
 こういった類の本を読むとついつい被害者側に感情移入して
しまいますが、加害者側の親という視点も大切だと思いました。
 子どもが加害者とならないようにするには親としてどういう
教育をすればいいのだろうか。1歳にも満たない子を持つ親と
してはこっちのほうを真剣に考えさせられました。

 直感的に感じたのは二つのキーワードです。孤独になる勇気と
他人の痛みを感じる想像力です。
 
 グループから抜けてでも、抜けてからの報復があるとしても、
他人の痛みを想像し、自分の信じた正義を貫く勇気を持つ。そ
んな子どもになってほしいのですが、親として何ができるので
しょうか。

(以下、ネタバレ注意!)

《ストーリー》

 女子高生の絵摩が少年にレイプされ殺害された。その親長峰は
少年への復讐を決意する。長野県に潜伏する少年の居場所をペ
ンションを経営する女性の助けや謎の密告者の助けを得て探し
求める。マスコミや大衆、警察までも本当の正義とは何かを考
えさせられる。
 長峰は少年を猟銃をつきつけるところまで追い込んだが、長峰
は警察に射殺される。
 謎の密告者は捜査に関わる警察の班長だった。

さまよう刃 (角川文庫) Book さまよう刃 (角川文庫)

著者:東野 圭吾
販売元:角川グループパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 新ブログの開設&お礼 | トップページ | 『ビタミンF』重松清 ★★★★★ »

コメント

あけましておめでとうございます。
コメントありがとうございました。
いつも読んでくださっているようで本当にありがとうございます。
昨年一年間大変おせわになりました。
今年も頑張って更新していきたいと思います。
ぜひとも宜しくお願いいたします。

投稿: はっしーなゆき | 2009年1月 4日 (日) 10時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048288/26740114

この記事へのトラックバック一覧です: 『さまよう刃』東野圭吾 ★★★★★:

« 新ブログの開設&お礼 | トップページ | 『ビタミンF』重松清 ★★★★★ »