« 『文章のみがき方』辰濃和男 ★★★★★ | トップページ | 『怪笑小説』東野圭吾 ★★★★★ »

『齋藤孝のざっくり世界史』齋藤孝 ★★★★★

 世界史というとカタカナの長い名前や主要な出来事の年
号を必死に覚えた。15年も前の高校生のとき、覚えにく
いカタカナの名前に苦労した印象が残ってる。

 ヨーロッパで起こったルネサンス。
 勉強したとは思うが、ミケランジェロやレオナルド・
ダ・ヴィンチ、文芸復興というキーワードしか記憶に
残っていない。

 とにかく暗記をしただけで、流れで理解していない
ので、ルネサンスという言葉を知っているだけで、ぜん
ぜん理解できていない。

 本書を読んで、恥ずかしくなった。いまさらながら
ルネサンスの意味を理解し、現在の西洋偏重の考え方
など現代とのつながりも垣間見ることができ、面白か
った。

 コーヒーとお茶などのモノを切り口に世界史を見る。
こうした見方は、現在のモノとのつながりが見え、世界
史により一層興味がわいた。

 学生のときのような単なる暗記ではなく、大きな流れ
で歴史をとらえ、現在とのつながりを考えたり比較した
りすることで、現代を生きていくための何かを得る。

 これが、社会人として歴史を読み解く楽しさであり、
意義だと思った。

《ポイント》

●近代化の源はヨーロッパ。
(ヨーロッパの大まかな流れ) 
 ヨーロッパの原点は古代ギリシア、ローマ帝国、エジ
プトを含めた地中海文明。
 直接民主政であり、政治と宗教は分離していた。
 392年にローマ帝国がキリスト教を国教としたこと
で、教会(神)が大きな力を持つようになる。
 いわゆる人間は神のしもべであり、あらゆるものは神
が生み出すという考え方。それがルネサンスにより、
教会(神)から脱却し「人間中心主義」となる。
十字軍によりアラビア文化が流入してきたことがきっか
けだとも言われている。さらに、ルターによる宗教改革。
これはラテン語で書かれていた聖書をドイツ語に翻訳し
たことで、教会による神の独占がなくなった。
 ミケランジェロなどの彫刻や遠近法も人間ってすばらし

いという人間中心主義の結果だと言える。

●資本主義はプロテスタントから生まれた。
 プロテスタントは厳しい禁欲。女性のヒステリーが多
いとも言われていた。働くとは神への奉仕。お金は貯ま
るが禁欲のため使わない。使うのは仕事のため。
これが今でいう投資であり、資本主義のはじまりとも
言われている。

●中世の教会の力は性行為まで介入していた。
 身体は忌まわしいものだから教会が支配(身体蔑視)
 それに異を唱え、肉体の復権を説いたのがニーチェ。

●帝国の野望は現代でも経済界や金融などフィールドは
 違うが存在している。

●公衆の面前での演説によりリーダーが決まるのはいか
 にも西洋的(古代ギリシア、ローマがルーツ)。

●コーヒーは「度を越してまでやる」という西洋文化を
 支えた。ここぞというときに飲むコーヒーと休みたい
 ときに飲むお茶。

●資本主義は人間の本性から出た自然なシステムであり、
 欲望を肯定。
 社会主義は、人工的なシステム。正論であり理想。
 マックスウエーバーは、社会主義は官僚の腐敗を生む
 とした。

●自国民を最も殺したベスト3は社会主義国。
 毛沢東、スターリン、ポル・ポト(カンボジア)
 それは、欲を無理やり押さえ込み理想を実現させよう
 とした結果。

●ドイツ人にもともとあったユダヤ人に対する差別意識を
 拡大したのがファシズム。

《興味深い内容》

●コカ・コーラーは原液のみを輸出し製法は輸出しない。、

●アメリカはもともとお茶文化だった。
 イギリスから紅茶に高い税金をかけられたためやむなく
 コーヒーを飲むようになった。アメリカンコーヒーが
 薄いのは紅茶が恋しいためという説もある。

●コーヒーのルーツ

●お茶のルーツ
 もともとは野菜の一種

 
●フランスの思想家は、現代は「記号を消費する時代」で
 あると言っている。

●「金」は、神の姿として考えられていた。

●9.11アメリカ同時多発テロの死者は3,000人
 報復といわれるイラク戦争の死者は15万人

齋藤孝のざっくり!世界史 Book 齋藤孝のざっくり!世界史

著者:齋藤 孝
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『文章のみがき方』辰濃和男 ★★★★★ | トップページ | 『怪笑小説』東野圭吾 ★★★★★ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048288/25267374

この記事へのトラックバック一覧です: 『齋藤孝のざっくり世界史』齋藤孝 ★★★★★:

« 『文章のみがき方』辰濃和男 ★★★★★ | トップページ | 『怪笑小説』東野圭吾 ★★★★★ »