« 『5日で身につく伝える技術』西野浩輝 ★★★★★ | トップページ | 『日経ビジネスアソシエ 2008 10/7 図解仕事術』★★★★★ »

『人を10分ひきつける話す力』齋藤孝 ★★★☆☆

 仕事の関係で大学で2日間講義をすることになったので
3年前に読んだ本だが再読した。

 他人と違うことを話そうと思わない者に進歩はない。
と著者はいう。

 そのために必要な心構えや考え方が書いてあるのだが、
話しの構成の仕方については、あまり触れられていないため
この一冊のみでプレゼンに望むのは心もとないと思う。簡単な
スピーチであれば十分であるが。

 プレゼンに必要な知識を学ぶのであれば『5日で身につく
伝える技術』(西野浩輝著)
とあわせて読むことをおすすめ
する。

 以下、印象に残った内容。

=ネタ主義=

 ○相手の背景と自分のストックを絡まして話のネタを
  作る⇒共通の基盤

 ○キーワードという〝話しの島〟をもつ
  その島へ行けば芋づる式に話題が出るようにしておく

 ○再生+エピソード方式
  映画を見ても、本を読んでも、自分の経験と絡めて
 「あるある」と聞きながら読みながら、自分の頭の中で
  整理する。それを軸にして話を再生する。
  「自分のエピソードをその文脈に絡めて話す」
  ⇒自分のものになる。

 ○たとえ話や抽象的な言葉を具体的に説明することば
  のストックをしておくとよい。

=話しをわかりやすくするテクニック=
 
 《言い換え力》
  ○シンプルにまとめる
  ○キーワード化・概念化・キャッチフレーズ化
  ○たとえ話

=スピーチの練習=

 ○一人の時間
   一人で考えてネタを作る時間

 ○二人の時間
   スピーチする前に誰かとその話題について話す
  
 ○全体の時間


〝内言〟自分自身の心の中で練習

=意識すること!気をつけること!=

 ○他人と違うことを話そうと思わない者に進歩はない!

 ○意味の含有率を意識する。

 ○スピーチは相手との対話
 

人を10分ひきつける話す力 Book 人を10分ひきつける話す力

著者:斎藤 孝
販売元:大和書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『5日で身につく伝える技術』西野浩輝 ★★★★★ | トップページ | 『日経ビジネスアソシエ 2008 10/7 図解仕事術』★★★★★ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048288/23953617

この記事へのトラックバック一覧です: 『人を10分ひきつける話す力』齋藤孝 ★★★☆☆:

« 『5日で身につく伝える技術』西野浩輝 ★★★★★ | トップページ | 『日経ビジネスアソシエ 2008 10/7 図解仕事術』★★★★★ »