« 『PCのイライラすっきり解決辞典』日経PC21 ★★★☆☆ | トップページ | 『5日で身につく伝える技術』西野浩輝 ★★★★★ »

『図解雑学 人体の不思議』安藤幸夫監修 ★★★★★

 来年度受験する社会福祉士の国家試験の科目に「医学
一般」があり、まずは基本をおさえようと思い手に取った
本である。

 医学は言葉も難しく、専門書を読んでも言葉だけで
ひいてしまう。

 その点、この本は図が多様されていて、難しい内容を
簡潔にわかりやすく説明している。

 かといって、内容が薄いかといえばそういうわけではない。
知識の基本となる内容と深めるための内容のバランスが絶妙
なのである。

 ちなみに、こういった類の本の役割は、基本的な知識を
確認するための辞典的なものだと思う。そういう意味で星
5つとした。

 最近、ツボやヨガ、マッサージなどに興味があるが、
まずは自分の体の仕組みを知ることが先決だろうと改めて
思った。

【おもしろいなと思った内容】

 ○脳死と植物状態の違いは、脳幹が生きているかどうか。
 
  脳幹…呼吸や心臓の活動、体温調節など生命維持のための
     神経が集まっている。無意識的な生命活動の中枢。
 
 ○骨の中では毎日古い骨から新しい骨へ生まれ変わっている。
  ほぼ10年で体内の骨は完全に入れかわる。
 
 ○レム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)の
  周期は約90分。60分くらいの中途半端な睡眠では
  逆効果。レム睡眠に入った早い段階で目覚めるのがよい。
  10~20分のうたた寝でもすっきりする。

(参考)
 眠りの周期…ノンレム睡眠→レム睡眠→ノンレム…
  ※90分周期で4~5回繰り返す

 □ノンレム睡眠(深い眠り)
  ・脳が眠っている状態
  ・筋肉は働いている

 □レム睡眠(浅い眠り)
  ・脳は起きている
  ・目覚めの準備状態
  ・このときに目覚めると気分がすっきりする。
 

眠いときは“20分うたた寝”を活用しようかと思った。

人体の不思議 (図解雑学) Book 人体の不思議 (図解雑学)

著者:安藤 幸夫
販売元:ナツメ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『PCのイライラすっきり解決辞典』日経PC21 ★★★☆☆ | トップページ | 『5日で身につく伝える技術』西野浩輝 ★★★★★ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048288/23909767

この記事へのトラックバック一覧です: 『図解雑学 人体の不思議』安藤幸夫監修 ★★★★★:

« 『PCのイライラすっきり解決辞典』日経PC21 ★★★☆☆ | トップページ | 『5日で身につく伝える技術』西野浩輝 ★★★★★ »